お砂糖について

ウィスタリアで使用しているお料理やお菓子などに使用している甘味料は、すべてエリスリトールを使用しています。

エリスリトールは、味噌や醤油、日本酒などの発酵食品に含まれる天然の糖アルコールで、栄養分としてはほとんど消化管に吸収されない糖分です。

私たちが日常的に摂っている食品にも、エリスリトールはかなりの量が含まれており、醤油には約10%も含まれている成分です。

この事からも、エリスリトールはかなり安全な甘味料だといえるでしょう。

エリスリトールの含有量
赤ワイン170 mg/L
白ワイン280 mg/L
清酒150~180 mg/L
 醤油 910 mg/L

醤油以外にも、身近な食品にエリスリトールは多く含まれています。

エリスリトールは、ひんやりとした冷感を持ち、キシリトールと似たような性質を持っているのも特徴のひとつで、口中の細菌も栄養分としないので、虫歯菌も繁殖しません。このため歯磨き粉などにも古くから利用されています。

他の糖アルコールの甘味料に比べて下痢が起きにくいと言われてて、糖アルコールの中では、最も緩下作用を発現しにくいと考えられます。

まれに、大量に摂取すると体調や体質により緩下作用(下痢)を起こすことがありますが、これは一過性であり心配ありません。

成人における摂取限度量は約40gといわれており、おおよそ一食で摂りうる量ではありませんが
※体に合わないと感じた場合は摂取を止めてください。

エリスリトールはこのような作用はありますが、どのような食品であっても食べ過ぎれば体に何らかの副作用や致死量があります。

人工甘味料の危険性が槍玉に上がっている昨今、エリスリトールも名前が横文字であることから、人工甘味料だと思われて混同されがちですが決して危険な合成甘味料ではありません。
エリスリトールは、天然の糖アルコールです。

なお、ほかの合成甘味料に比べてエリスリトールは割高ですが、私が食べても安全である食品を提供する事を信条としていますので、ウィスタリアではエリスリトールを甘味として使用した料理の提供をしています。

エリスリトールについての詳しい科学的根拠などにつきましてはは下記リンクをご参照ください。

引用元
詳しくは三菱化学フーズ株式会社http://www.mfc.co.jp/product/tourui/erisuri/attention.html

wikipedia-ウィキペディア-エリスリトール
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB

 

糖質制限とローカーボダイエットをサポートするカフェ&バー